長浜曳山まつりの写真とコメントを集めたコミュニティサイト

堂々たるや鳳凰山とんべいさんからの投稿

堂々たるや鳳凰山

考えてみたら、鳳凰山などの山組チームは、平成17年あたりから平成24年までは、博物館入りや全基出場が重なり、ご自宅でゆっくりするときがありませんねー。昨年、飛び立った鳳凰は今年もお目にかかれませんでしたが、さすがは鳳凰山!ちょっとも貧弱には見えません。まさに貴婦人というか、全体の形は簡素ですが、一つひとつに洗練された匠の技が盛り込まれており、いつ見ても超かっこいい山ですね。早く帰っておいでよ鳳凰!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pht.nagahama-hikiyama.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/571

コメント(1)

来春は曳山博物館へ入りますので、それまでに鳳凰は帰ってくるようです。帰ってこなければ私が亭に乗りましょうか。でもアルバトロスでは駄目ですかね。

投稿者: 信天翁 | 2010年04月22日 15:38

コメントを投稿

※今までにここでコメントをしたことがない場合は、コメントが表示される前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあり、承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)

名前:
メールアドレス:
URL:
 

     コメント: