長浜曳山まつりの写真とコメントを集めたコミュニティサイト

憂いと祈り麻呂さんからの投稿

憂いと祈り

四番山「壽山」の舞台で山内一豊の妻・千代を演じているのは、まだ12歳の男の子でした。かぶりつきでこんな憂いの表情を見せられると、本当に切なくなるのですから、この子はただものじゃない・・・無料でいい芝居を見せていただきました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://pht.nagahama-hikiyama.or.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/4106

コメントを投稿

※今までにここでコメントをしたことがない場合は、コメントが表示される前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあり、承認されるまではコメントは表示されません。その時はしばらくお待ちください。)

名前:
メールアドレス:
URL:
 

     コメント: