長浜曳山まつりの写真とコメントを集めたコミュニティサイト

さんからの投稿

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

この一覧は、次のエントリーを参照しています: :

» 長浜曳山まつりフォトコン入賞しました! 送信元 champ 湖北の翼
長浜曳山まつりフォトコンへ出品していた写真がなんと昨年に引き続き入賞しました! 入賞作品 「ね!おまえさん」 コンテスト結果発表サイトはこ... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2012年06月04日 00:39

コメント(0)

偶然にも、champさんとやまちゃんさんが同じタイトルです。皆さんも「どんなもんだい!」というタイトルで投稿してみてはいかがでしょうか。

投稿者: 管理人 | 2007年04月18日 20:09

champさん、みごとにタイトルが被ってしまいましたね。タイトルもそうですが、曳山も同じ萬歳樓なんですよね。偶然ってあるものですね。

投稿者: やまちゃん | 2007年04月19日 15:52

一瞬、何の写真なのか理解できませんでした。でも、拝殿を通して曳山を撮るとは、面白い構図です。良い写真ですね。

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:15

青空が広がりうっすらと雲が。まるで秋の風情ですね。天気に恵まれて良かったですね。雨だったら、曳山に登っている方も大変でしょうから。

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:18

本当に色っぽいですね。アタシ、負けちゃいました。

余談ですが、女形を演じる子は、女性物の下着(シャツ)を着ているそうです。もっと昔のことですが、和服の場合はパンツをはかないため、舞台上でオ○○○○がひょっこり顔を覗かせたこともあったらしいですよ。

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:26

写真もさることながら、タイトルと文章は秀逸ですよね。
ただし、震度はもっと大きいのじゃないかしら。

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:30

ステキ!! アタシのタイプは、真ん中のお方。Tバックの食い込み方、筋肉質のオミアシ、それに臑から脹ら脛にかけてのヘアーの生え具合。たまりませんわ。大根役者だなんて失礼なこと言わないで~

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:36

本当にマニアックなお方ですこと。
八幡宮の印は無かったのですか?

投稿者: 奈穂 | 2007年04月20日 15:37

ひょっとして赤ハチマキの貴男様は体重105kgなのですか。でも噂に聞きましたら貴男の組には、110kgの八百屋のお兄さん、体重計のメーターを振り切る居酒屋のご主人がいらっしゃるそうですね。総当番に出向していらっしゃるオジサンも大きなお腹をしていらっしゃいますし・・・。

投稿者: 鮒寿司くん | 2007年04月20日 15:48

目の付け所が違いますね。

地元の人間からすると、こんな小さな所からまつりが近づいたこと感じます。
例えば大手門通りの石畳が傷つかないように木の板で保護していたり、狂言執行場所の看板が立っていたり、桟敷席が組み立てられたりと。

今は、まちの中に祭の名残があるのでしょうか?

投稿者: まー | 2007年04月20日 18:03

これは、祭の名残ですね。

そう言えば、長浜八幡宮の前の道にも曳山の車輪の跡が残っています。
これも祭の名残です。

投稿者: まー | 2007年04月21日 16:01

 この傷が消えてしまうのも、

なんとなく切ない気持ちになりますよね。

投稿者: Yoshi☆ | 2007年05月01日 22:47

八幡宮の向かい側にあるこのお宅は、毎年綺麗に飾っていらっしゃいます。ひとり一人がこうした工夫や気遣いをすれば、マチは魅力的になるんですね。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 17:11

写真の内容は別として、文章と撮る視点は秀逸です。ワタシが審査委員長なら「審査員特別賞」を贈呈したいですね。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:09

Yoshi☆さんもマニアックなカメラマンですね。ワタシはこの路地をしょっちゅう利用する地元住民なのですが、本当にこんな多くの人は見たことがありません。祭が土日に重なり賑わったことを証明する写真ですね。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:13

手前にある山は諫皷山なの? ワタシには何山かわかりませんが、おもしろい構図ですね。でも、ワタシが一番気に入ったのは、隣の曳山の舞台の床板がシッカリ見えること。こんなの見たの初めてですから。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:18

桜花と裸電球と曳山。この写真を見てると、祭の雰囲気が溢れて楽しいようで、どこかうらさびしい気持ちが込み上げてきて、遠い昔の片思いのお方を思い出してしまいました。思いが複雑に交錯する一枚です。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:28

今回応募されている中で、ワタシの心に最も残る写真です。
彼女の表情、最高です。ナイスショットです。お見事!!

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:33

12基が勢揃いした今春ならではの構図。良い写真ですね~。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:36

役者から見て絶景なのでしょうが、ワタシにとってはこの写真そのものが「絶景カナァ!!」です。題名もステキですし、12基出場の今年ならではの作品ですね。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:41

ワタシには恥ずかしくてとても撮れませんが、面白い写真です。
フンドシの色の違いは意味があるのでしょうか? どなた様か、疑問に答えて下さいな。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:44

裸電球がアクセントになっていて、とても楽しく味のある写真です。
でも、裸電球は誰が何の目的で設置されているのでしょうか。それに透明と白色と二種類ぶら下がっています。意味があるのでしょうか。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:48

最初、この写真はサッと見過ごしてしまいました。でも、文章を読んでからジックリ見たら、実に魅力的な写真です。
神前では誰もが真剣にお祈りされていると思っていたのですが、籤取り人以外の皆さんは何がそんなに面白いのでしょうか。和やかさと真剣味のバランスがバッチリと表れていて、すばらしいですね。

投稿者: 清水 | 2007年05月14日 19:57

あぁなんと!
この絶景かな!
今にも、
初夏のひと時を!
わが身の主人公に成りたいものですね!

投稿者: 古賀信行 | 2007年05月15日 20:54

今、
まさにこれから!
緊張からのがれ、いよいよ本番へ!
本当の表情が伺えますね!

投稿者: 古賀信行 | 2007年05月15日 21:10

あぁーなんと可愛いのでしょう!
これぞ!長浜曳山まつり!

投稿者: 古賀信行 | 2007年05月15日 21:19


あぁ!
絶景カナァ!
これぞ!長浜曳山まつり!

投稿者: 古賀信行 | 2007年05月15日 21:26

今、
まさに、初夏の始まり!
なんと!
緊張から皆を引き寄せる、きめポーズ!
これぞ!長浜曳山まつり!

投稿者: 古賀信行 | 2007年05月15日 21:50

 ゆづパパさんの写真のファンなのですが、この写真だけはいただけないよね、単なる子どもの写真じゃないですか・・・
と思いながら文章を読んだらフムフムなるほど、90年振りなんですものね。ボクちゃんの言いたいことは、よ~くわかりました。アタクシ、やはりアナタさまのお写真と言いましょうか、アナタの感性の虜になっちゃいました。

投稿者: 清水 | 2007年05月17日 13:40

 本当ですね!祭り特有の現象でしょうね、

毎年こうなる??

投稿者: Yoshi☆ | 2007年05月17日 18:41

これをみると長浜人はいよいよ祭りだなって思っちゃいますよね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月10日 11:14

道路に正座してる姿がかわいいですね(笑)
このカッコじゃ稽古終わるころにはそうとう足が痛いでしょうね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月10日 11:18

一番籤を願うみたいなのですが、この山組さんは何番籤をひかれたんでしょうね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月14日 16:34

すごく勢いが感じられますね
気のせいかみなさんの顔が真っ赤なような・・・^^;

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月14日 16:38

これは珍しい場面ですね
山曳きというと若衆が曳いてる場面がほとんどなのに
祭りは老若男女を問わずみんなで支えあって成り立っているんでしょうね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月14日 16:46

いい表情をとらえましたね。生で見ているような迫力があります。すばらしい!!!

投稿者: マーサン | 2008年04月16日 21:26

めっちゃカワイーです♪
カメラマンさんもどいてとはいえないでしょうね(笑)

投稿者: keiko☆ | 2008年04月17日 12:42

あの大きな山車を動かすのにはきっとものすごい力がいるんでしょうね♪

投稿者: keiko☆ | 2008年04月17日 12:45

3歳くらいの男の子かな?
愛らしい姿をいっぱい魅せてくれましたね

投稿者: keiko☆ | 2008年04月17日 12:47

このお祭りには、自衛隊、警察、消防、病院や市役所の方が裏方になっている姿が拝見できました
みんなで協力し合って成り立つお祭りですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月17日 12:50

この子はきっと顔マネしてるんでしょうね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月17日 13:02

ヒゲ、かわいすぎ。
似合ってます!!

投稿者: ちょこ | 2008年04月18日 09:20

やっぱり狂言が終わると小学生に戻って、
友達や家族に手を振ってしまいます。
楽しんでやっているのがとても伝わって来る写真ですよね。

投稿者: 人形たちの宴 | 2008年04月18日 09:27

ずっとテープだと思っていました。生声・生演奏だったんですね・・・。初めて知りました。この写真のおかげです。でも舞台があまり見えないような状態で、よく演技と合わせられますね。練習の成果でしょうか。
こういうものも、だんだんと若い人たちに継承する日がくるんですね。

投稿者: プー | 2008年04月18日 09:38

カメラをずっと構えていても、なかなかこういう表情って撮れないですよね。ホント綺麗です。

投稿者: プー | 2008年04月18日 09:42

今掲載されている写真の中で一番目を引きました。幕の美しさと相まって、色が綺麗な写真です。そして何より、役者の表情がいい。緊張感が伝わってきます。

投稿者: プー | 2008年04月18日 09:47

すごい臨場感ですね。
まつりの迫力がビシビシ伝わってきます。

投稿者: マーティ | 2008年04月18日 13:11

まつりの中では、時間待ちもひとつの仕事ですね。

投稿者: マーティ | 2008年04月18日 13:15

とても、いい表情の場面がとらえられていますね。
子供の表情が最高です!

投稿者: マーティ | 2008年04月18日 13:19

どういう風にとればこんな写真が撮れるんですが?
ビー玉の中に入ったような、不思議な世界ですね。

投稿者: アイアン | 2008年04月18日 14:04

この日だけは大魔神も怒る前の顔に戻っていたらおもしろいのにと無理なことを考えてしまいました。

投稿者: アイアン | 2008年04月18日 14:06

雰囲気のある写真ですね。
この写真を見て、来年は裸参りを見に行きたいと思いました★

投稿者: サッシー | 2008年04月18日 15:12

一番右の人が肩にシップを貼っておられるのがちょっと痛々しいですね^^;

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月21日 13:01

いつもながら15日夜の御旅所の風景が個人的にお気に入りです

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月21日 13:03

きっと手に持っておられる棒で電線などに引っかからないようにされておられるんでしょうね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月21日 13:07

山組のハッピをきせたらかわいいかもですね♪

投稿者: ちゃっぴー | 2008年04月22日 10:34

このアングルはすごいですね!
提灯の列が延々と続いていてとてもきれいですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月22日 10:37

自町狂言の千秋楽でしょうか!?
千秋楽はいつもの歌舞伎とちょっとちがうところがあったりして、通の方にはそれがたまらないそうですね。
まさに有終の美ですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月22日 10:42

振り向いた様がなんとも絵になっていますね。

投稿者: ゆずちゃ | 2008年04月22日 10:45

ほんとにつぶぞろい。いい顔してますねぇ。

投稿者: ゆずちゃ | 2008年04月22日 10:50

子どもの目から見たお御輿はさぞや大きく写ったことでしょうね。
このお御輿は秋の例祭にもかつぎだされますよ~

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月22日 12:23

ほんとに大役お疲れ様です

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月22日 12:24

ちょっと狙いすぎかも
でも、笑っちゃいました(笑)

投稿者: keiko☆ | 2008年04月22日 12:29

子どもの子の満面の笑顔がたまらなくイイですね♪

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月22日 12:32

役者の子どもさんも一日中カツラや衣装を着けてたんできっと大変だったんでしょうね
楽しませてくれてアリガトー☆

投稿者: keiko☆ | 2008年04月22日 12:36

ヨイサーの掛け声をかけたくなりますね
祭りはたくさんの人々の熱意の賜物ですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年04月23日 13:01

「よくできました」てな感じの掛け声が聞こえてきました。
「親の顔が見たい」なんてのもありましたが、あれは長浜特有の誉め言葉なんですね。

投稿者: 岡平 | 2008年04月23日 13:33

お写真は14日の夜8時頃でしょうか。ボクが曳山博物館で夕渡りを見終えてから八幡宮に帰った時は、シートが掛けられていて絵にならなかったんですよ。

投稿者: 岡平 | 2008年04月23日 13:37

長浜観光協会の清水です。
面白い写真をありがとうございます。
かどやさん(看板のお店)のご主人にも伝えておきますよ。

投稿者: 清水 | 2008年04月23日 13:49

月宮殿ですね。
八角の楼上には宝玉が載っているはずですが、線に引っ掛かるから外してあるのでしょうか。

投稿者: 岡平 | 2008年04月23日 13:53

この太夫さんは、たしか米国公演で活躍されたんじゃなかったかしら。NHKテレビで見ましたよ。

投稿者: 麻美 | 2008年04月23日 13:58

今年のお祭りで残念だったことがひとつあります。
それは、お神輿が御旅所から出た時に各山組の若衆が戻ってくるように呼び掛けなかったことです。規制緩和の時代なのに、締め付けが厳しくなってしまってガッカリでした。でも、自主的に帰ってきた七郷の皆さんには感謝感謝です。

投稿者: 岡平 | 2008年04月23日 14:07

ねえねえ、どこから撮ったの?たゆうさんは、山組のお方なのかしら。

投稿者: 麻美 | 2008年04月23日 14:25

ここの組の筆頭さんから聞きました。
シャツを着ていると水に濡れたあとで体が冷えて凄く寒いんだって。だから裸の方が大丈夫だとか。
たゆうさんも昔は水の掛けっこされてたのかな?

投稿者: 奈穂 | 2008年04月23日 14:35

このオジサマの役柄は、人行事(にんぎょうじ)と言うそうですね。多くの方々に支えられてお祭りが成り立っているのだと改めて感じました。

投稿者: 奈穂 | 2008年04月23日 14:54

奥深い写真ですねぇ。
幕が開くこの瞬間、そして幕を出た後の、色んな場面や想いを想像してしまうショットですね。

投稿者: さくら | 2008年04月23日 16:11

凛々しいお顔が素敵。
何考えてるのかなぁ??

投稿者: さくら | 2008年04月23日 20:54

僕もシャギリに関わってるので、亭の中の様子が判る大変良い写真を撮られましたね。 シャギリ方の苦労が少しでも判って貰えると嬉しいです。

山の外で吹いてる女の子達は本当に良く頑張ってくれてます。一度は亭に上げてあげたいと思ってしまいます。

この時、この山の亭で太鼓叩いてました。山方の皆さんご苦労様でした。

私も見ました、宙返り!!
きつねさんのこのふさふさの衣装もかわいいですね~

投稿者: ラミー | 2008年04月25日 09:57

私たちの街(静岡県島田市)の祭礼で神輿渡御といえば、3年に1度だけのことなので、秋にも神輿がかつぎ出されるとは、想像もしていませんでした。秋には秋の風情があるのでしょう。祭り大好きオヤジとしては、うらやましい限りです。
この日は、長浜城を観光していたので、神輿渡御に間に合わないと思ったのですが、幸いにもベストスポットで観ることができました。
息子も、あんなに目近で神輿を観たのは初めての筈です。一所懸命シャッターを押していました。

投稿者: だいくん's 親父 | 2008年04月27日 01:11

私たちの街(静岡県島田市)の祭礼で神輿渡御といえば、3年に1度だけのことなので、秋にも神輿がかつぎ出されるとは、想像もしていませんでした。秋には秋の風情があるのでしょう。祭り大好きオヤジとしては、うらやましい限りです。
この日は、長浜城を観光していたので、神輿渡御に間に合わないと思ったのですが、幸いにもベストスポットで観ることができました。
息子も、あんなに目近で神輿を観たのは初めての筈です。一所懸命シャッターを押していました。

投稿者: だいくん's 親父 | 2008年04月27日 01:12

コメントいただき有難うございます。
私達自身も残念なのですが、若衆達が神様をどのような存在に思っているかなのです。担ぎ手にとっては大変な奉仕なのです。騒いで引っ張ったり、押したりしては失礼ですよね。昨年は、静止した総当番が眼鏡を壊されました。もう誰にも静止できない状態にエスカレートしてしまいます。東京の三社祭り同様に、神輿にも乗りかねない事なのです。ですから規制緩和で許されるべき事ではないのです。これは神事なので若衆には仕切りなおしが必要です。神を尊ぶ心が宿ることを願っております。

投稿者: たゆうさん | 2008年04月28日 16:22

すみません。山組みの関係者です。隠れて臆病口の幕から毎年同じ写真を撮っています。今年も満員御礼でした。

投稿者: たゆうさん | 2008年04月28日 16:25

今、

初夏が始まり!

まさにこれから!

いよいよ本番へ!

初々しいさと、ほんの少しの緊張感の表情が、最高!!!

投稿者: n.k | 2008年04月29日 21:02

今、

まさに、初夏の始まり!

なんと!つぶぞろい!

これぞ!長浜曳山まつり!

投稿者: n.k | 2008年04月29日 21:21

プーさん正解です。長浜曳山まつりがアメリカ公演した時の太夫さんです。岐阜の東濃地方歌舞伎では必ず太夫として活躍されておられます。5月3、4日は下呂の鳳凰座で石切梶原等を語られます。歌舞伎に興味のある方は是非どうぞ!

投稿者: たゆうさん | 2008年04月30日 12:34

NURITAKAさん、長浜を愛してくださっていることに、長浜市民としてお礼申し上げます。
長浜は、若き日の秀吉さんが城を築き、城下町を整備し、名付け、そして愛した町です。曳山祭もマンホールに意匠される瓢箪もまた、長浜の町作りの神である秀吉さんの遺産であり象徴なのです。

投稿者: 奈穂 | 2008年05月01日 18:16

こうして写真を拝見しますと、日本人の食糧事情の豊かさを実感し、同時にメタボリックとそれによって引き起こされる医療費の公的負担を危惧するばかりでございます。

投稿者: 奈穂 | 2008年05月01日 18:20

やわらぎ。
お世話になっているお店です、皆さんもご贔屓に。

投稿者: 奈穂 | 2008年05月01日 18:22

なるほど15日の火曜日の出来事ですよね。
ビックリ顔のオジサン、駅前ホテルのレストランで屡々お見かけしますね。

投稿者: 奈穂 | 2008年05月01日 18:37

構図の素晴らしい、ほのぼのとした良い写真です。
役者ではない彼らも立派にお祭りしているんですよね。

投稿者: 清水 | 2008年05月01日 18:41

チンがない子はチンに上れず。
これが原則です。

投稿者: 麻美 | 2008年05月01日 18:48

たゆうさんさん、ご丁重なるお返事感激です。
ボクも七郷の一員で神輿を担いだ経験がありますので、その辺の事情は分かっているつもりです。でも、アンコールの拍手が無いのにもう一曲唄うのは寂しいですよ。一回きりという条件にして呼び戻してください。今年は月宮殿や猩々丸に40歳代の負担人さんがいらっしゃいましたので、ぜひとも若手にルール作りをお願いしたいですね。

投稿者: 岡平 | 2008年05月01日 19:00

プロの撮り手と見まごうばかり、構図・色合は最高の出来。
役者の顔が見えないところがミソ。
写真の美しさとしては秀逸です。

投稿者: 岡平 | 2008年05月02日 10:11

へえ~~~!!
色んな動物がデザインされているのは知っていましたが、天体観測とは驚きです。

投稿者: 麻美 | 2008年05月02日 10:16

 高いところで気持ちいいのかと思ったら、すっごく揺れるそうです。大手門通りの文泉堂っていう本屋さんの座敷に、曳山舞台に座っていて車酔いした男の子が寝ていましたもの。
 写真のお方は静御前のパパさんだそうですし、小学生の子ども達が「カントク~」て声掛けていたのですが少年野球の監督さんをしていらっしゃるのだそうです。更なるご活躍を期待しています。

投稿者: 麻美 | 2008年05月02日 10:23

日の目をみないとこにも演者アリといった感じですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月07日 12:49

それぞれの役割の人々がオンリーワンの主役なんですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月07日 12:50

女形の男の子は祭りの間中どこへいっても人気者ですね。
ヘタな芸能人も顔負けです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月07日 12:53

この方はどっかでお見かけした気がしますね
広報誌に出ておられたような・・・

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月08日 19:38

今にも泣きだしそうな子どもさんの表情がなんともいえませんね。
きっとおかあさんも心配でたまらない表情をされておられるのでしょうね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月08日 19:42

金賞受賞おめでとうございます。
まつりのポスターにでてきそうなくらい構図がきれいですね。
勉強させていただきました。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 11:00

きれいな写真ですね
花魁はやっぱり夜に映えますね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 13:24

昨年に引き続いていい写真ですね
役者の真剣な表情がなんとも

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 13:26

あどけなくも艶っぽい視線がなんとも

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 13:28

夕渡り後の一幕でしょうか。
子ども役者たちも真剣な表情ですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 13:31

なんとも色っぽい表情ですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月14日 13:33

御旅所にて提灯に灯がともった山車が4基がそろった場面。
この風景がいちばん好きですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2008年05月16日 10:28

今年もやってきます

投稿者: ひさしぶり | 2009年03月27日 19:35

本年最初の投稿ありがとうございます。
どの山もお披露目の前にはおめかしするんですね。
ただいま曳山博物館では、来年の出番山4基のおめかしした姿を見ることができますのでぜひそちらにもご来館下さい。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月07日 08:39

確かにサボテンの花にみえますね。

せっかくの山が合羽を着ちゃって、残念だったのですが、
雨の時には雨の楽しみ方があるんですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月17日 12:59

今年の登り山は生憎の雨でした。実はこのカッパ、縫い目の所から少し雨が漏ります。テント屋さんに直して貰わないと・・

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月17日 18:45

 主役の大蔵卿はホントに男前でした。惚れぼれします。本物の歌舞伎役者にも負けません。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月17日 18:48

「義経千本桜」でしょうか?
ローアングルからポーズもきまっていてキレイな写真ですね。
小学4年生とは・・・恐れ入りました。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 12:55

雨が降ると見るほうも曳くほうも大変になっちゃいますよね。

でも、考え方を変えれば、3年に1度しかみれない山のさらに合羽姿というのは超レアかもしれないですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 13:00

かっこいい写真ですね。
くもり空で桟敷席も危ぶまれていましたが、ご覧いただけてよかったです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 13:02

子ども歌舞伎は当然祭りの大きな見所ですが、やはり曳山のすばらしさも忘れちゃいけませんよね。
長浜市の誇りです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 13:06

午前中は人もそんなに多くなかったのですが、午後からは例年なみの人出なったようです。
ちなみに15日の人出は2万8千人だそうです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 13:09

夜の曳山は提燈の灯りで幻想的な雰囲気が素敵ですよ。
来年はぜひ夜までみてください。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 19:09

タイトルどおりポーズがきまってますね。
役者さんの凛々しい顔にまだ幼さが残ってるのがまたなんとも。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 19:11

本日は朝早くから夜遅くまで役者さんは大忙しです。
ホントにお疲れ様でした。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月20日 19:13

長浜市では祭りの日は午前中で小学生はお帰りなんですよね。
出店でりんご飴買って、ワクワクしながらお祭りを見ていたのを思い出しますね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月22日 08:29

役者から子供に戻る瞬間がよいですよね★

投稿者: みねこ | 2009年04月22日 19:40

この子はほんと男前でしたね~。私も見ててうっとりしちゃいました♪

投稿者: みねこ | 2009年04月22日 19:41

最後のきめポーズはいつ見てもテンションUP↑しますね

投稿者: みねこ | 2009年04月22日 19:44

この大蔵卿、実は初めての役者経験(地元では初上がりと言います)なんですが、全くそんな素振りは微塵もない堂々とした貴公子ぶりでした。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月23日 16:40

  いよっ!良く出来ます、負担人!!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月23日 16:50

 携帯で話すジイは某老舗の御曹司ですよ。まだ若いのでジイは可哀相かと....

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月23日 16:54

いやーホント、今年は一番くじと役者に恵まれてよかったー!
山組の者として幸せの一言です。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月23日 17:05

 中々良いショットを撮ってくださいました。こういう舞台下に目を付けて下さるお方、相当の通と見ましたが....

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月23日 17:19

これ僕です。投稿ありがとうございます
綺麗に撮っていただいてうれしいです

投稿者: 寺口航平 | 2009年04月24日 20:30

これ僕です。
今は、サッカーにはげんでいます

投稿者: teragutikouhei | 2009年04月24日 20:36

とっても貫禄があって、役に入り込んでいるところがいいね。
りりしくてかっこいいです。

投稿者: マーサン | 2009年04月26日 19:57

最近若いお爺さまが増えていますので、ついつい・・・・
御曹司様、大変な失礼を致しました。お詫び申し上げます。

投稿者: 樋口です | 2009年04月26日 20:05

ホントに美しいですね。
しかも本人さんからコメントもいただいているみたいですが、
さぞ美少年なんでしょうね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:27

テラグチくんはけっこう人気者のようですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:30

舞台にはあがれませんが、女の子もまつりを支える大事な役割があるんです

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:32

曳山のバックの空がとってもきれいですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:34

役者さんの表情がなんとも凛々しくてシブいですね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:37

すばらしい飾金具ですね。
まつりの見所は歌舞伎だけでなく、絢爛豪華な曳山そのものでもあるんです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:40

悩ましげな憂いの表情がなんともいえませんね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:42

ポーズも決まってますね。
この三番叟を務めた男の子は公募で選ばれてるんですよ。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 12:44

マニアックなクイズですね。
今年の出番山の中なら・・・
T山ですかね?

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月27日 13:05

teragutikouhei クンのサッカーをやっている姿がまったく想像出来ません(笑)
何でもこなせてすごいですね!

投稿者: T2 | 2009年04月27日 14:02

この役者さんって、船頭さんでしたっけ?
子ども心に緊張から解き放たれてやれやれなんでしょう。
おつかれさまです。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 17:25

関羽と張飛が守るのは心強いですね。
どこかに劉備や諸葛孔明もいるのかな。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 17:47

神馬のお顔が見えていますから、15日に奉納歌舞伎を終えて神前から退出する場面でしょうか。三番叟さんもしっかりと仲間にとけこんでいますね。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 20:19

登り山 眼鏡掛ければ 事故もなし
鳳凰は インフルエンザか でんせんか

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 20:39

な~にぃ~!? やっちまったな!!

投稿者: 翔 | 2009年04月27日 20:45

辞書をくれば猩々は、オランウータンの別名だとか。
似たようなものといえば、船町の方に怒られるでしょうか。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 20:52

大手組の前柱は昇竜と降流。未装飾の呉服町は北国街道がホームタウンですから、思い切ってステンドグラスを嵌め込んではいかがでしょうか。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 21:00

この姿が惨劇の一因でしょうか。

懐かしや チンの膨らみ 今いずこ
 

投稿者: 信天翁 | 2009年04月27日 21:09

なんと!!!

華やかな衣装が きまり、

曳山の花(子ども歌舞伎)時代絵巻!!!

投稿者: 古賀 | 2009年04月27日 23:22

今、まさに 阿吽(あうん)呼吸!!!

華やかな衣装の中での名演技

(子ども歌舞伎)曳山祭りの時代絵巻

投稿者: 古賀 | 2009年04月28日 06:25

町内の皆さん、お疲れ様です。
よく見ればカバン山ですから、今回は見逃してしまいました。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 08:43

関係者に雨男がいるのか、曳山博物館の入れ替えの日は雨が多いようですね。思い切って秋に変更できないかしら。

投稿者: 翔 | 2009年04月28日 08:53

長浜曳山祭は全て雨天決行。順延すればお金が嵩むしサラリーマンは休暇を取るのが大変でしょうが・・・。見る者としては残念ですね。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 09:10

未だにカメラ付き携帯電話を持ったことのないボクでしので、これほどきれいに撮れるとは思いませんでした。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 09:39

キレイに撮れています。
こうして見ると大蔵卿と常盤御前はとても小学生に思えない立派な役者振りですね。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 09:44

船の上の船に乗る役者さん、題名の通り凛々しい若侍ですね。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 09:55

事前の週間予報では15日だけが雨天と報じられていましたので、降らずにホッとしました。八幡宮の大神様のおかげです。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 10:16

この歌舞伎では禅師坊の無垢な演技が光っていました。
お~い、禅師坊はどこにいるんだ。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 10:35

蝶と狐とお花が絶妙のお写真。素敵~★

投稿者: みねこ | 2009年04月28日 11:24


亭に居た僕たちは凄い音を聞きました。
バキバキメリメリと....登り山なのに後の祭りとは..!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月28日 13:24

 本当にみんな良く頑張ってくれました。お疲れ様!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月28日 13:27

女の子たちも亭の上の男の子に負けないくらいがんばってたね!ありがとう!

投稿者: 出笛 | 2009年04月28日 14:58

女形はこどもの同級生ですが、びっくりするくらいにかわいかったです。

投稿者: 翔 | 2009年04月28日 17:58

彼は間違いなく今年のナンバーワン女形ですね。好みのタイプです。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:07

龍が雨を呼んだの? 雨の登り山で一番ショックだったのはやっぱり鳳凰山でしょう。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:17

歌舞伎公演は4日間にわたりますし、早朝から深夜までかなりハードですものね。お疲れ様です。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:21

見事な題名です。写真は顔が見えないところが想像力をかきたてますね。シャギリは名詞ですが、シャギルとなれば動詞になりますよ。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:25

変な言い方ですが見事な失敗作。味があって面白い写真です。欄干の陰、光の当たり具合、ほんまにええ写真やわぁ。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:31

大手門劇場で演ずるは勿論大手町組じゃ・・・あれれ一本北の魚屋町さんじゃないですか。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 18:34

あなたの豊かな感性にいつもいつも楽しませていただいております。でも、右手前の提灯だけなぜ村なのでしょう。観光協会の○○さんは「東村」と呼ばれてショックじゃないですか。

投稿者: 翔 | 2009年04月28日 19:08

いやー、昔は(35年程前まで?)は、雨天順延でしたネ~。
順延も、お祭りが延びるので子供はある意味喜んでました。
時代の流れ、かっぱ着て頑張りましょう!
で、かっぱのデザインは統一した方が良いと思います!
ではでは


投稿者: 八幡東村民 | 2009年04月28日 19:26

まさしく八幡宮の神様のおかげですね。
当方もせっかくの桟敷席が台無しにならなくてよかったとほっとしておりました。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月28日 19:26

いいお写真です。古希を迎えられても、広~い目でお祭りを応援してください。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 19:27

役者は目でも演じるということがよくわかる写真ですよね。
まさしく絶妙です。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月28日 19:33

豚インフルエンザの前に鳥インフルエンザだったんですね。
観光客の方になぜ鳳凰がいないのと聞かれ、なんと答えたらよいのかと苦悩しました。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月28日 19:37

さらに辞書をめくれば、「大酒のみ」などもでてきました。
余談ですが、ふと、船酔になったときに酒で先に酔えと上司にゆわれたことを思い出しました・・・

曳山の名はおそらくは謡曲の猩々からの由来と推測いたします。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月28日 19:47

連れて行ってくれって、冗談じゃねぇ。
あんた船頭さんだろ~、連れて行くのはおめ~だよ!!

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 19:50

文化都市長浜とは大きく出ましたね。お祭り大いに結構ですが、飲み過ぎて喧嘩なんかしないでね。飲み過ぎたら宮町通りの薬局へどうぞ。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 19:54

猩々丸は見送り幕にかわって見送り彫物があるところがかっこいいですよね。
この像は、一説には黄忠と趙雲ともいわれています。
でも、映画を見る限りでは、関羽と張飛のがあってますよね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年04月28日 19:56

健康が第一。
日赤の皆さんはボランティアで出動されていましたね。
日赤の看護師さんは太夫として豊かな声を響かせていました。

投稿者: 信天翁 | 2009年04月28日 19:59

よくできました、親の顔が見たい。
そういわれたら親は鼻高々。長浜曳山祭のほめ言葉です。

投稿者: 翔 | 2009年04月28日 20:01

次代に引き継ぎたいですね、美しい伝統文化と豊かな心を。
3兄弟が力を合わせる素晴らしい歌舞伎でした。

投稿者: 翔 | 2009年04月28日 20:07

この大蔵卿は本当に「中村屋!」なんですよ。(笑)

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月29日 15:03

籤取りアッちゃん、ええ籤引きました。よう出来ます!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月29日 15:14

八幡東村の提灯をよくぞお撮りいただきました。字体も一方に比べて味があるじゃないですか。
関電のCMは誰が歌っているのか知りませんが、いいですね。

投稿者: 観光協会○○ | 2009年04月30日 19:39

そうです。この札が向けられるタイミングが大変難しく、一番山の亭で今か今かと間合いを見計らってる私たちシャギリ方の緊張の一瞬なんです。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月30日 23:22

 いいショットですねえ。お祭りのこういう所にも目を向けて欲しいですね。 でも最近の若い子たちは本当イケメンが多くなりましたねーー!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年04月30日 23:27

ずっと引き継いでいきたいですね。
このお祭りも市民の方と山組みさんと行政の3本の矢が重なって成り立っているのだとつくづく思います。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月01日 08:19

いまさらながら役者の配役表をみると・・・

ホントですね
中村君だ!

「中村屋」なんて呼ばれたら、中村君もきっと大喜びですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月01日 08:36

Ⅳそれ以外のめろめろハートだと思います!

投稿者: T2 | 2009年05月01日 15:20

感情のこもった名演技でしたね。
是非、歌舞伎界進出してもらいたいですね

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:12

ホンマにお疲れやねえ。女形やから眉も見えんようにしてるんですね。

投稿者: コウ | 2009年05月02日 17:15

狐の動きは圧巻でした。
まさに息を吹き込みましたね。

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:16

かわいらしい狐さんでした。
癒されました~

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:17

パパが小学1年生の国語の教科書は、最初のページが「みえる、みえる」だと聞きました。

投稿者: コウ | 2009年05月02日 17:18

しゃぎりの音で祭りが高まりますね

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:19

いやあ、いい役者ぶりでした。汚れのない純粋無垢な演技に万歳です。

投稿者: しんたろう | 2009年05月02日 17:21

迫力のある写真ですね!

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:22

長浜小学校に通っていました。小学校時代に音楽で曳山のシャギリ(お囃子)を習った記憶があります。まさに町ぐるみの伝統文化です。

投稿者: コウ | 2009年05月02日 17:23

きまってますね!凛々しさと貫禄があります。

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:25

このオジサンは3年毎にお顔を見ますから覚えてしまいました。「ヨーイサー」の掛け声が今も耳に残っています。

投稿者: あこ | 2009年05月02日 17:27

頑張った証拠ですね。おつかれさま

投稿者: クロメガネ | 2009年05月02日 17:27

幕は風でめくれ小雨で小学生は雨合羽姿ですか。ちょっと寂しい祭の朝でしたね。

投稿者: あこ | 2009年05月02日 17:31

大量の桜吹雪にびっくりですね。さすがに千秋楽までは見られませんでした。

投稿者: あこ | 2009年05月02日 17:33

太刀はこんなに長かったのですね。とっても見事な若武者の勢揃いです。皆さん大人になってもお祭りを引き継いでね。

投稿者: じんた | 2009年05月02日 17:36

息子はメチャ男前!左がお父さんです。自称体重は0.1tだとか....(笑)

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月04日 22:50

三番叟君、実に良く出来ました。うちの一番山に来てくれて本当、良かったです。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月04日 22:56

 あーこれで納得出来ました。登り山で飛んでった鳳凰はいずこに....と思ってたらこんな所に隠れてましたか!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月04日 23:05

 稽古場でよく怒られてたけど、GOU君ホント立派ですよ。実に凛々しいです。よく出来ました!!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月04日 23:11

これは微笑ましい!何とも良いショットですね。我々山組の者にも撮れない素晴らしいショットです。真剣な御鑑賞に御礼申し上げます。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月07日 14:25

 RIKU君もよーく出来ました!お疲れ様。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月07日 14:36

 こらこら!しゃぎり男子、ゲームばっかりしてると女子に負けてしまうぞ!(笑)

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月07日 14:41

役者も役者なら、三番叟も三番叟。もう何にも言う事ありません!!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月07日 14:46

私も今年の弐番山だと思います!

投稿者: 出笛 | 2009年05月08日 14:58

井戸の中のH.Yさん、さぞ冷たかったでしょう。若衆最後の裸参り御苦労さまでした。よーいさー!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月08日 15:03

これは想定Ⅰが正解ですよ~。
常磐が言ってました。

投稿者: ながはま | 2009年05月08日 15:11

山も一番!鳳凰山!

投稿者: ながはま | 2009年05月08日 15:15

素晴らしい祭りとそれを伝えてくれた長浜の町衆に感謝ですね☆

投稿者: ながはま | 2009年05月08日 15:30

ピンポーン!
正解です。。
当たっても何もでませんよ。(笑)

投稿者: T2 | 2009年05月09日 17:13

祝町某帽子屋さん、最高のショットです。よく出来ます!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月10日 09:08

 後ろの高砂山の亭が背景となっていい構図ですね。そのまま祭りポスターに使えてしまいます。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月10日 09:18

 この町の中老さん達はホント皆さん元気です。(笑)

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月10日 09:26

モノトーンなのがますます緊張感を出してますね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:25

こういう脇役があってこそ主役が生きてくるんですよね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:28

後光が差してみえますね

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:33

ゆづパパさん、いつも楽しい写真を投稿いただきありがとうございます。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:38

狐・忠信は名演技でしたね。
後ろの桜花びらもばっちりです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:43

ポーズも決まって、まさしく妖艶な魅力を醸しだしてますね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月11日 12:46

右のオッパッピー〇藤君、青鉢がよく似合います。いよっ、筆頭候補!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月11日 22:26

若衆の活き活きとした鼓動が伝わって 目の前で見ているような迫力です。

投稿者: ぴろぴろ | 2009年05月11日 23:44

皆さんいいショットばかりですねー。脱帽!!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月12日 11:51

 今度うちの山に借り役者で来てー!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月12日 11:58

 こう言う所に着眼の写真、大好きです。何とも言えない味が出ますよねー。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月12日 12:20

 上段、下段~~~!!!

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月12日 12:26

裸参りの良さは迫力や熱気、男気もさることながら暗闇に生える提灯の明かりもまたとてもいいものです。

まさに海老が踊っています。

投稿者: お祭りマンボ | 2009年05月12日 13:46

この場面の台詞。

観ている人を笑わせてくれました(^_^)

笑いあり、泣かせる場面あり、「うまい!」と唸らせる場面あり。

最高の演技をありがとう

投稿者: お祭りマンボ | 2009年05月12日 14:16

お疲れさん(^_^)

今度は役者だね。

投稿者: お祭りマンボ | 2009年05月13日 12:14

こんばんは、
かわいい目線ですね。

投稿者: otto | 2009年05月13日 22:53

こんばんは、
かわいい目線ですね。

投稿者: otto | 2009年05月13日 22:53

後見さん、ご苦労さん。

役者たちも後見のお兄さんがいつでも傍にいることで安心して芝居に打ち込めます。

幕を上げたり小道具を出し入れしたり衣裳を整えたり・・もちろんそんな役目もありますが、

忠実に芝居全体を見守り、役者の台詞や浄瑠璃を全て覚え、そして時には役者達の心の拠り所となり・・

舞台にはなくてはならない存在です。

あくまで黒子に徹してですけどね。

投稿者: お祭りマンボ | 2009年05月14日 08:08

ゆづパパ劇場、いやぁ本当に楽しませていただきました。ありがとうございます。ボクの気持ちではアナタが金賞かな? 来年も楽しませてください。
それよりも左手骨折とのこと。アナタの身を案じるとともに、その訳とやらをお聞きしたいものですね。

投稿者: ko | 2009年05月14日 08:55

初めて見ました、こんな構図。賑やかなお祭りの雰囲気が画面いっぱいに広がっていますね。良い写真だと思います。

投稿者: ko | 2009年05月14日 10:11

 このショットも「海老」が躍動してますね。

投稿者: しゃぎり丸 | 2009年05月14日 13:44

金賞受賞おめでとうございます。
しゃぎり丸さんのコメントのようにすぐにでもポスターになりそうな構図がよかったのでしょうね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:24

銀賞受賞おめでとうございます。
今にも熱気が伝わってきそうな雰囲気のいい写真ですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:26

銀賞受賞おめでとうございます。
この子の悩ましげな表情がポイント高かったのかも。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:28

銀賞受賞おめでとうございます。
曳山の舞台には女の子はあがれないので、この写真はかつてない写真だったですね。
一度舞台に上がってみたい女性はぜひ曳山博物館へ

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:31

銀賞受賞おめでとうございます。
ゆずパパさんは今年最多の作品投稿数であったそうです。
この写真をはじめとした一連のゆずパパ劇場を今年も楽しませていただきました。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:35

銀賞受賞おめでとうございます。
紅白のコントラストが鮮やかに役者の凛とした表情を引き立ててくれていますね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:42

特別賞おめでとうございます。
親の愛情の勝利ですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:48

特別賞おめでとうございます。
これホントにどうやって撮られたのでしょうね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:50

特別賞おめでとうございます。
桜をバックに艶やかな静御前がとてもゴージャスです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:52

特別賞おめでとうございます。
緊張する歌舞伎の合間の微笑ましい1コマですね。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:54

特別賞おめでとうございます。
静御前の表情もいいですし、なんといっても写真全体の色鮮やかさが目に付きますよね。
個人的にはこの写真が1番好きです。

投稿者: 恥ずかしがりや | 2009年05月15日 17:57

写真からも清正の男粋が伝わってきます。
10歳とは思えぬ迫力がありますね。
銅賞おめでとうございます。

投稿者: 黒メガネ | 2009年05月16日 12:40

子ども歌舞伎らしいいい写真ですね。
癒されますね~

投稿者: 黒めがね | 2009年05月16日 12:45

銅賞おめでとうございます。
懸命な姿で、音が聞こえてきそうな写真ですね

投稿者: 黒メガネ | 2009年05月16日 12:49

銅賞おめでとうございます。小さな手でしっかりと持っている姿はとても愛らしいですね。

投稿者: 柴犬 | 2009年05月16日 13:02

銅賞おめでとうございます。
インパクトのある作品ですね。

投稿者: 柴犬 | 2009年05月16日 13:14

ゆづパパさん、おめでとう-。写真の撮りすぎ(?)で手が痛い、そうですね、大丈夫ですか?、無理をしないでガンバッテ下さい。ご家族の方にも、よろしくお伝えください。

投稿者: ひろき | 2009年05月17日 10:17

特別賞おめでとうございます。
只今上演中なんですよ 出番まであと数分しかないのに大丈夫か心配でした。 しっかり頼むよ!

投稿者: 役者親 | 2009年05月17日 10:53

特別賞おめでとうございます。
只今上演中なんですよ 出番まであと数分しかないのに大丈夫か心配でした。 しっかり頼むよ!

投稿者: 役者親 | 2009年05月17日 10:54

特別賞おめでとうございます。
只今上演中なんですよ 出番まであと数分しかないのに大丈夫か心配でした。 しっかり頼むよ!

投稿者: 役者親 | 2009年05月17日 10:54

背中が語ってますね。
銅賞おめでとうございます

投稿者: 柴犬 | 2009年05月17日 22:28

銅賞おめでとうございます。
ほんとですね。知らなきゃ女の子ですね。

投稿者: 柴犬 | 2009年05月17日 22:33

銅賞おめでとうございます
2人の真剣な表情がとれたとても良い写真ですね。

投稿者: 柴犬 | 2009年05月17日 22:40

舞台の桜も美しく、鮮やかな演技でしたね。
銅賞おめでとうございます。

投稿者: 芝犬 | 2009年05月17日 22:44

勢ぞろいで見事ポーズの決まった写真ですね。
祭りの雰囲気が伝わってきます。
銅賞おめでとうございます。

投稿者: 柴犬 | 2009年05月17日 22:51

特別賞おめでとうございます。

投稿者: otto | 2009年05月27日 21:23

今年も桜の開花とともに曳山の時期になりましたね。
青海山さんちょっと電線にひっかかりかけたようですね。
無事で何よりで、「ほぅおぅっ」と一息つきました。

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年04月06日 08:32

曳山が道路の看板に当たりそうになったり、電線に引っかかりそうになる度に、見ているボクはいつも「あ~あたる、右や右!! 」などと声を上げてしまいます。

投稿者: 信天翁 | 2010年04月08日 11:21

亭から心配そうに見ている様子が良いですねぇ~。

投稿者: パッポン | 2010年04月08日 14:16

「いかい=大きい」って滋賀人しかわからんでしょうね~(笑)
今回はじめて長浜の曳山を拝見しました。
青海山、ひいていらっしゃる方の法被もかっこよかったです♪

投稿者: ぽん子 | 2010年04月08日 14:18

ゆっさんさんと同じく、曳山交代式はじめて見ました。
曳山の名前はわかりませんが、てっぺん飾りの鳥の羽パーツをアーケードの中で取り付けているのに驚きました。
分解できるもんなんですね。。。

投稿者: さい坊くん | 2010年04月08日 14:24

上手い組、下手な組、それぞれありますが、うちの町は後者の組です だって昨年の登り山で・・・鳳凰、お出掛け中になってしまいました 涙

投稿者: シャギリ丸 | 2010年04月08日 15:09

投稿者の「じんとにっく」さん、いつもながら着眼点が違いますねぇ タイトルも一ひねりが上手い、上手い 素晴らしい

投稿者: シャギリ丸 | 2010年04月08日 15:13

13日にひとりだけ壱番山に加わる三番叟役者さんは、精神的に大変だと思います。出番待ちの瞬間は緊張でドキドキだったと思いますが見事な舞でしたよ。

投稿者: 信天翁 | 2010年04月20日 15:46

お互いにスタイルが良くって、おきれいですね。
でもどちらが長男でどちらが次男なの?教えて~!!

投稿者: 信天翁 | 2010年04月21日 16:50

女房お早は、今年の女形の中で最も色気を感じた役者さんです。でもこの写真では、普段の男の子を上手に撮ってますね。

投稿者: 信天翁 | 2010年04月21日 16:54

真ん中のオジイチャン、お孫さんが役者として出てたみたいですよ。親子三代で祭りに関われるのは羨ましいですね。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月21日 16:59

フフフフフ、ハハハハハ、ホホホホホホ・・・・・
いやあ、お見事。人間の嫌らしさを見事に見せてくれました。

投稿者: 匿名 | 2010年04月21日 17:02

曳山博物館へ入るということは、来年が出番なのですね。曳山には様々な見所がありますが、青地に白い青海波とツバメの胴幕はボクが最も美しいと思うもののひとつ。来年が楽しみです。
なお、職場でボクの隣に座っている女性は、青海山に所属していらっしゃいますよ。

投稿者: キモカワ隣人 | 2010年04月22日 13:29

曳山博物館の前庭には回転台があるから、方向転換が楽ですよね。道路の辻々にもあると楽でしょうけど費用的に大変かな?

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月22日 13:34

ボクも担いだことがあるのですが、あの神輿は重いですね。見ている方はもう一回帰ってこいとか好き勝手喋ってますけれど、あれだけ長い距離を長時間にわたって担ぐのは大変なこと。寒い中を皆さんお疲れ様でした。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月22日 14:50

来春は曳山博物館へ入りますので、それまでに鳳凰は帰ってくるようです。帰ってこなければ私が亭に乗りましょうか。でもアルバトロスでは駄目ですかね。

投稿者: 信天翁 | 2010年04月22日 15:38

左側の高砂山(1745年建造)で長男
右側の青海山(1755年建造)で次男
          ・
          ・
          ・
最後、末っ子が鳳凰山(1829年再建)で十二男
って感じでしょうか。


こういう方がおられて山が大事に保存されているんですね。
しかし、ここの山蔵はでかくて立派ですね。どうやって
ここまで移動したんでしょう?見たかったですー。
私は変わりもんで、山蔵に入っている山を見るのが好きです。
天井に吊されたカーテンが山を覆うのですね。高さに余裕があるからできるでしょうね。しかしいい光景ですね。

13日は稽古場で、14日はじめて山の上で舞いました。15日、御旅ではじめてとちりました。16日、少々とちりましたが、みなさまのご声援のおかげで、つつがなく舞納めました。ありがとうございます。

投稿者: 小右衛門 | 2010年04月23日 00:53

三代のお出番、おめでとうございます。

投稿者: 小右衛門 | 2010年04月23日 00:55

役者さんの目線がはっとさせる写真ですね。
魅きこまれそうです

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年04月28日 12:55

役者さんの目線がはっとさせる写真ですね。
魅きこまれそうです

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年04月28日 12:56

山田君、ざぶとん一枚

投稿者: 円楽 | 2010年04月28日 13:01

ボクは長浜市八幡東町に生まれ育ちました。中学生の頃に鐘紡町(昔は鐘紡があったのでこの名がある)の悪ガキから「東村」と言われてからかわれていたことを思い出しますが、今では東村に誇りを感じています。

投稿者: 東村の住人 | 2010年04月28日 14:24

この風景は弁当山の中でしょうか。
歌舞伎は4日間も続くのですから、子ども役者さんは大変でしょう。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:08

こんな目でチラッと見られたらメロメロになりそうな、妖艶な女形さんご見事に捉えていますね。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:13

昨年の曳山祭以来、細君は焼き鯖そうめんを月に一度ぐらい作ってくれます。お祭りの郷土料理があるのは良いことですね。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:21

見過ごしてしまいそうな訳の分からない写真でしたが文章を読んで納得しました。甚太夫さんの出番前の余裕のワンショットに脱帽です。

投稿者: キモカワ隣人 | 2010年04月30日 10:26

うつろなまなざしががまた色っぽいですよね。
ワタシなんか完全に負けちゃってます。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:30

こうやって一堂に会すると各山の特徴や微妙な違いが分かりますね。私が御旅所へ行った時には既に一番山が歌舞伎を演じていたので残念ですがこんな写真は撮影できませんでした。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:35

ナルホドナルホド。登り山の時に曳山に飾っていた御幣は夕渡りの時に持って帰って、また朝渡りの時に持ってくるのですか。ずうっと曳山に飾っているのかとばかり思っていました。よく分かりましたアリガトウございます。

投稿者: オネエ | 2010年04月30日 10:40

引いたり押したりする人も大変でしょうけれど、山が前後左右に揺れるので舞台に座っている人も大変でしょう。現代の技術で前輪が曲がるようにできないものかといつも思ってしまいます。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 10:51

写真の高砂山は一番古い曳山だと「とんぺい」さんに教えていただきましたが、本当に見事な仕事っぷりですねえ。常磐山は黒壁ガラス館の北国街道沿いにある組なので、前柱にガラスで装飾して現代人の心意気を見せられないでしょうか。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 11:20

どの組も甲乙つけがたい熱演でしたが、写真のお早は色気タップリだったし、お幸は演技賞を与えたいくらいに上手だったし、それに三原伝造の十分に舌が回らない語り口が可愛かったから、1番山がクジも一番芸も一番ということでいかがでしょうか。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 11:37

役者のアップを見事に撮っておられますが、雨天用シートが上にチラリと映っているところが味噌ですか。子役の演技もじょうずでしたけれど、時平の笑い声が今も耳に残っています。

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 13:48

うらやましいなあ、役者さんの化粧室へ入って写真が撮れるなんて。背後に御神酒錫と御幣が映っていますが、化粧や着替えは御幣宿でするのでしょうか??

投稿者: 伊右衛門 | 2010年04月30日 13:53

私は、この作品に一票。役者と前柱の翁との取り合わせが見事です。

投稿者: じんとにっく | 2010年05月01日 18:58

役者さんの演技でない自然な笑顔と、お兄さんの大きな笑顔がバックの緑に映えて好きです、この写真。

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年05月07日 08:22

15日に曳山が1基たりないなぁ・・・
と、思っていたらこんなところに出てたんですね

すっぴん姿で恥ずかしかったのかな?

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年05月07日 12:50

気を抜いた瞬間ですね
このときはひざかけも女の子っぽくてかわいい柄ですね

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年05月07日 12:53

きりっとした表情、緊張感、よく撮れましたね。
思わず引き込まれそうになりました。

投稿者: マーサン | 2010年05月10日 21:59

ち~ちゃんさんへ
りりしい息子の写真を 投稿してくれてありがとう  父より

投稿者: 匿名 | 2010年05月15日 23:35

ビー玉の中にあるような光景ですね
おもしろい写真です
どうやって撮られたのかな?

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年05月19日 12:42

コメントありがとうございます。
これは円周魚眼レンズを使いました。
円周魚眼レンズとは、上下左右180度の視界を、文字通りまん丸の画で切り取る特殊なレンズ。玄関のドアに付いている覗き穴(ドアスコープ)と同じようなものです。なので、PCのソフトで加工したものではありません。ちなみに、これ使うとき、普通に撮ると自分の足が写っちゃうので注意が要るんです。^^;

投稿者: TSUME | 2010年05月20日 19:37

金賞受賞おめでとうございます
ふさっちさんは第1回からの常連さんですね。
毎年作品をたのしく拝見させていただいてます。

投稿者: 恥ずかしがり屋 | 2010年05月31日 12:40

好みの写真です!
私もこんな写真を撮ってみたいと思います。
受賞おめでとうございます。

投稿者: パクチー | 2010年06月01日 12:49

コメントありがとうございました。
来年もガンバリます。

投稿者: しばちゃん2cv | 2010年06月01日 21:24

かわいいですー♪
友達に手を振るこの瞬間の子供らしい表情がなんともかわいいです☆

投稿者: となこ | 2011年04月22日 18:54

今年の歌舞伎では釣女が一番おもしろかったです。
二人の笑顔がいいですね。

投稿者: センゴク | 2011年04月27日 12:39

おのぶ役のこの子、かわいいですよねーーー!!
こんなにアップでのお写真、ファンとしてはとっても嬉しいです♪♪

投稿者: となこ | 2011年04月28日 21:37

おのぶさん、かわいい!

投稿者: となこ | 2011年04月28日 22:50

貴重なお写真ですね。
やはり化粧で役へのスイッチが入るのでしょうね。
出来ればもっと拝見したいです。

投稿者: さと | 2011年05月02日 21:42

この役柄は「サイフリ」って呼ぶらしいですね。彼は小中学校の同級生なので、がんばっているお姿を拝見すると嬉しいですね。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 15:33

山曳きに三山連合があるのですから、雅楽に七郷連合があってもいいのでしょうね、。雅楽を演奏する方は減っているようですが、いつまでも伝統を受け継いでいただきたいと願っています。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 15:37

神輿は神様がお乗りになる車のことですが、榊を載せるこの台は何と呼ぶのでしょうか。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 15:41

ひもろぎさかき、初めて聞いた名前です。厳かな渡り行事でしょうが、来年からは威勢の良い掛け声の神輿が出ることを期待しています。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 15:52

撮影者が自ら投稿します。実は籤取り式の写真を撮ろうとしていて「この兄ちゃんじゃまやなあ」と思っていたんです。そしたら振付さんや言うやないですか。そこでパチリと撮らせていただきました。

投稿者: kei | 2011年05月10日 15:56

この写真は凛々しい御幣使さんの横顔が活きてますね。

投稿者: あずま | 2011年05月10日 16:02

踊る阿呆に見る阿呆同じ阿呆なら踊らにゃ損々という言葉がありますが、山組の方々にとっては傍観しているのは面白くないのでしょう。ボランティアお疲れ様です。

投稿者: あずま | 2011年05月10日 16:06

小生、諫皷山のこの幕を見たときは本当にうれしかったです。翌日には青海山の山曳きが「がんばろう!!日本」の鉢巻をされ、さらにうれしかったです。

投稿者: 清水 | 2011年05月10日 16:14

この団扇を所望される観光客を沢山お見受けしました。15日には小生も義援金をチャリンと入れて、この団扇をゲットしました。

投稿者: 清水 | 2011年05月10日 16:18

楽々通るのではなくてギリギリで通るところに魅力があるのでしょうね。人行事さんの新品衣装がステキです。

投稿者: あずま | 2011年05月10日 16:28

長刀山の清水さんと同性で同姓の者です。この光景は、小生も少しビクビクしながら見守っていました。、

投稿者: 清水 | 2011年05月10日 16:32

keiさんお書きの通り、これほど大勢での演奏は初めてです。観劇会の皮切りとして素晴らしい演奏でした。

投稿者: 事務局長 | 2011年05月10日 16:36

釣女は素人にも分かりやすい内容なので、4組の外題が発表された時から最も期待していました。太郎冠者と醜女の演技は上手くて、今年の主演女優賞と主演男優賞を差し上げたいと思いました。写真の表情は最高です!!

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 16:42

とてもキレイとは申しませんが、カワイイお顔でした。ナイスショットですね。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 16:47

ボクはマニアックな視点での写真が大好きです。法被の裾模様から推察すれば春日山でしょうが、このように指導されている山組関係者に敬意を表します。

投稿者: ミズ | 2011年05月10日 16:50

重石がわりになるのも大事なお仕事でしょう。
連合滋賀の皆様でしょうか、毎年おつかされまです。

投稿者: あずま | 2011年05月10日 17:07

どんな手法技術で撮影されたのか知りませんがインパクトのある写真です。白黒なのがまた魅力を引き立てていますね。

投稿者: ジロウ | 2011年05月10日 17:11

小中学校での授業が朝の間だけでその後は校外学習になるとは長浜市教育委員会はすばらしいです。こうして関係者から直に話を聞くことが真の学習でしょう。

投稿者: ジロウ | 2011年05月10日 17:14

僕もこのアングルで撮って応募しようと思ってました。ところが気付いたら申込期限が過ぎていました。トホホですが、同じような写真を撮影したアナタに一票を投じます。

投稿者: ジロウ | 2011年05月10日 18:05

後ろの御姫さんが、とても眠そうですね。

投稿者: 名無しさん | 2011年05月16日 22:34

少し遅くなりましたが、皆様お祭りお疲れ様でした。真ん中に写っているのが私です。町内の方に写真がアップされているのをお知らせいただきました。撮影ありがとうございます。
春日山の山曳という大役、やらせていただき光栄です。朝からずっと山曳のお世話をいただいた修様、ありがとうございました。
春日山さんは巡航時に左に寄りますので、都度、前筆頭の檄の元、皆で右に前輪振り修正をいたしました。

投稿者: としゆき | 2011年07月03日 15:39

ボクもこのウグイス嬢を見かけました。オネエサマ、振り返って~

投稿者: しみず | 2012年04月10日 11:10

マニアックやなぁ、こんなんボクも初めて見ました

投稿者: しみず | 2012年04月10日 11:11

かわいぃ~!!
いい笑顔ですね!!!
こんな瞬間に出会いたかったです!!

投稿者: となこ | 2012年04月18日 23:05

子どもたちほんとに泣いちゃうんだね。この写真みて、グッと来てこちらが泣きそうになりました。よい写真ありがとうございます。

こんな準備もされていたんですね。
お旅所で見ましたが琵琶湖からの西風が強く思っていた演出ではなかったのでしょうか?
花弁が落ちて来た時は春の風に舞い落ちる吉野山の情景が浮かびました。

パパに、、金賞!!!

投稿者: 杉岡慶子 | 2013年05月08日 23:06

泣き虫パパに 続編があったんですね!? 汚名挽回したパパに、、やっぱり 金賞!!(*^。^*)

投稿者: 杉岡慶子 | 2013年05月11日 21:33

雲の絶間姫の妖艶さはちょっとハスキーな声とも相まって、とても色っぽかった~!!
「THE KABUKI PLAYER BY BOYS」・・・男の子だというのを忘れて見入ってしまいました。
鳴神上人役の子も歌舞伎役者さながらのいい声で、短期間の練習とは思えぬ子供たちの演技に感服しました。


投稿者: TOMI | 2015年04月21日 00:56

勢ぞろいの中の白い衣装のお子さん・・・「鳴神の白雲坊役で孫が出るの」とおっしゃったコーヒーショップのママさんのひと言で、子供歌舞伎を見させていただきました。
子供たちの演技のクオリティーの高さにびっくりしましたが、振付・太夫・三味線も本職の方と知り納得しました。
見終わった後にママさんを見ればうるうると涙目で、周りにも同じ様な方が・・・一生懸命練習をしてきた姿も重なっての感涙かと。
私も胸が熱くなりました。

投稿者: 歌舞伎好き | 2015年04月21日 02:16

やーっと
自分の写真が投稿された―――

投稿者: 小田 | 2015年04月21日 18:28

自分が映ってる~www

投稿者: 匿名 | 2015年04月21日 18:29

自分、映ってる~

投稿者: 匿名 | 2015年04月21日 18:31

こうした大掛かりなお祭りは自衛隊の方々の協力があってこそ
成り立っているんですよね・・感謝!!
名古屋の「郷土英傑行列」の武将も自衛隊の方なんです。
10月の「名古屋まつり」にも是非お越し下さい(^。^)/
自衛隊員のカッコいい戦国合戦が見れますよ。


投稿者: 名古屋っ子 | 2015年04月21日 19:01

subj: 「尻まくり祭り」(20160519)

これは私が子どものころの記憶ですから、もう60年ぐらひ前の「大阪新聞」の記事です。
「尻まくりまつり」といふ表題で記事が大きく掲載されてをり、その場所は滋賀県とのみ記憶してをります。紋付を来た成人が拝殿にて向かう向きに六尺褌(白)を締めた知りを出して参拝してをりました。尻の露出は全面でした。
この記憶をさるお祭り評論家(デエタベエスのやうな人でした)に対面にて問ひ合はせましたが、「知らない」といふお返事でした。
僅かこれだけの内容ですが、この「尻まくり祭り」とはこのお写真の祭りではないのか、といふ気がします。しかし、滋賀県にはこれに類似する祭りが他にあるのかもしれません。

この記事は学術的にも重要ですので、是非ご掲載をいただけますやう、お願ひを申し上げます。

バッサ・バサケン 頓首

投稿者: バサケン | 2016年05月19日 10:51

素晴らしいです。

投稿者: 匿名 | 2016年05月28日 13:33